筋トレはじめました!

筋トレをこれから始めようと思っている人に効率的なトレーニングができるように正しい知識を伝えていきます。

高重量トレーニングに便利なトレーニンググッズ

      2016/02/12

筋トレ

トレーニングのキャリアが長くなれば、しだいに扱える重量もましてくるというものです。そもそも重い重量に挑戦するためにウエイトトレーニングを行っているという人も多いのではないでしょうか。

高重量を扱えるようになるということは、それだけ自分の筋肉量やトレーニングテクニックが高くなった証拠でもあるので、悪いことではないのですが、扱うウエイトが重くなれば重くなるほど気をつけなければいけないことが出てきます。

それは「ケガ」のリスクが高くなっていくということです。

高重量でウエイトトレーニングをするとなると、どうしても関節などの負担が大きくなったりと、体に大きなストレスがかかってしまいます。

最悪の場合トレーニングが行えなくなるような大きなケガに繋がる可能性があるので、長くウエイトトレーニングと付き合っていきたい人はできるだけケガは避けなければいけないとおもいます。

「高重量のウエイトトレーニングを行っていくうえですこしでもケガのリスクを下げたい」、そんなときにはケガ防止に効果のある「フィットネスグッズ」に頼ってみるのも良いかも知れません。

フィットネスグッズで安全なトレーニングを

ケガの予防はスポーツ選手などの選手生命をも左右する重要なことですから、いろんなメーカーから多くのトレーニングサポートグッズが販売させています。

ケガ予防のフィットネスグッズはそれだけ多くのスポーツマンに必要とされているということでしょう。

今回は数あるフィットネスグッズのなかでもとくに、ウエイトトレーニングのときに便利で有効なサポートグッズを紹介していきたいとおもいます。

リストストラップ

重い重量を持ち上げたり引っ張ったりするときに、とても重宝するのが、この「リストストラップ」なのではないでしょうか。

このフィットネスグッズは、自身の握力を超えた重量を持ち上げるときにとても便利なフィットネスグッズです。

たとえば、とても重たい重量で「デッドリフト」をやろうとすると、握力だけでは力が足りずバーベルが手から離れることがあります。重いバーベルを脚に落としたらどうなるでしょう…想像もしたくありませんね。

このようにすごく重い重量でトレーニングするときにリストストラップをつかえば、握力を補助し、普段握力だけでは持ち上げられないウエイトも持ち上げることができちゃうんですね。

また単純に運動中などにウエイトが手から離れて事故になることを防ぐ、という意味でもこのリストストラップを使用していると安心してトレーニングに集中できると思います。

しかし、あまりにリストストラップの力に頼りすぎると、前腕の筋肉が細くなったり、握力の低下にも繋がりかねないので、ある程度状況で判断して「そのままで持てる重さは出来るだけリストストラップを使わない」ということを意識するのもいいかもしれません。

関節のサポーター

重い重量でトレーニングしていると、バランスをくずして関節が思わぬ方向に曲がったり(考えただけでも痛いですね。)ひどい時は骨折してしまうこともあります。

このような状況になってしまうと、しばらくトレーニング事態をお休みしなきゃならない状況に陥ったり、症状がひどい場合「もう本格的なトレーニングはできない」というようなことになってしまうこともあります。

なので、少しでも関節に負担をかけないためには関節をある程度「固める」必要があります。

そんなときに便利なのが「関節のサポーター」です。おもに肘、膝、手首などのサポーターが存在します。

固めるといっても、なにもガチガチに固める必要はありません。負荷がかかりやすいデリケートな関節部分に使用することで、トレーニングの動作を安定させ、変な方向に曲がったり、無理な負荷がかかるのを抑えてくれる効果があります。

すでに関節を痛めてしまっている人にもサポーターは効果バツグンです。調子の悪い関節部分をサポーターで保護することによって、トレーニング中に違和感や痛みなどを軽くする作用もあるからです。

リフティングベルト

リフティングベルトはトレーニング用のフィットネスグッズのなかでも有名で人気の高いグッズだと思います。

重いバーベルなどを扱うトレーニー用に作られたトレーニング専用のベルトになります。

リフティングベルトの用途は、腰に巻きつけることで腹圧(お腹の圧力)を上昇させ、腰周りに無理な付加がかかることを防いでくれる効果を持っています。

また、腹圧が保たれて、体の軸が安定しやすくなるため、リフティングベルトを巻くことでいつもより重い重量を上げることが出来ることがあります。これは関節サポーターにも同じような効果があることがあります。

時には攻めることも大事

関節や筋力のサポートをするフィットネスグッズは、装着していればたしかに安全性や動作の安定、パワーを得られる優れたグッズなのですが、極端にフィットネスグッズに頼りすぎてしまうのも、ぼくはどうかとおもいます。

力を伸ばしたいときや、ケガや不調も無く万全なとき、そこまで高重量を扱わないトレーニングなどのときは極力サポートグッズに頼らずにトレーニングしましょう。そうすることで、自分の本来の力が鍛えられていくということもあるのです。

フィットネスグッズを使用するかしないかを状況によって判断していく力も、トレーニングには必要なのかもしれませんね。

 - フィットネスグッズ