筋トレはじめました!

筋トレをこれから始めようと思っている人に効率的なトレーニングができるように正しい知識を伝えていきます。

いろいろな筋トレに使えるトレーニングチューブ

      2016/02/12

チューブトレーニング

数ある筋トレグッズの中に「トレーニングチューブ」というものがあります。

見た目はただのヒモ状のゴムですがあなどってはいけません。これ一本あれば全身くまなく鍛えられる優れもののフィットネスグッズなんです。

今回はそんなシンプルながらも優れたフィットネスグッズのトレーニングチューブについて書いていきたいと思います。

トレーニングチューブ一本だけ、場所を選ばない!

筋トレを行うには当然ですが運動を行うための「場所と器具」が必要になってきます。

理想をいえばジムにあるようなベンチやウエイトを用意したいところですが、忙しい人や自宅でしかトレーニングしない人などはトレーニング器具が充実した環境(ジムなど)に身をおくのが難しい人が多いのではないかとおもいます。

そんなときにこのトレーニングチューブが一本あれば誰でも簡単に負荷をかけるトレーニングを行うことができます。

自重よりも高強度のトレーニングが可能

トレーニングチューブを使ったトレーニングの動作には自分の体重を利用しておこなう「自重トレーニング」に似たものが多いです。

自重トレーニングとトレーニングチューブをつかったトレーニングの最大の違いは、「ゴムによる抵抗の負荷があるか無いか」というところだとおもいます。

トレーニングチューブをつかってトレーニングすれば、自重に加えて「ゴムの反発力」という負荷がかかるので、自重よりも高強度のトレーニングが行えるというわけです。

チューブの強度が変えられる

自分の筋力に合わせてチューブの強度を変更できるところもトレーニングチューブのメリットの一つといえるでしょう。

ダンベルでもいろいろな重さがありますよね。ダンベルを選ぶときのように、筋肉の種類によって使い分けてもいいですし、筋力が強くなって今までのチューブじゃ物足りなくなってきたら強度が高いものに変更していくのもアリでしょう。

また、同じ強度のトレーニングチューブであっても持つ長さを変えることで負荷を調節できたりもします。

長く持てば負荷が弱まり、短く持てば負荷が強くなります。

工夫しだいで全身の筋肉を鍛えることが可能

トレーニングチューブはそのシンプルな形状を利用していろいろな動きに柔軟に対応出来るというというのがおおきなメリットなのではないでしょうか。

つまり、工夫しだいでさまざまな筋肉を鍛えることが可能ということです。

自重では鍛えにくい「上腕二頭筋」や「ハムストリングス」なんかも簡単に鍛えることができます。

トレーニングチューブを使ったトレーニングバリエーション

ここではトレーニングチューブをつかったトレーニングを部位ごとに紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

チューブで胸を鍛える

トレーニングチューブをつかって胸を鍛えるには、チューブをつかったチェストプレスがおすすめです。

チューブを背中に回して、両端をしっかりと握ります。

そして肩甲骨をしっかり寄せて大胸筋を意識し、腕を前に突き出して「チェストプレス」をおこないます。

イメージとしては腕立てやベンチプレスの動作と同じ感じでかまいません。

立った状態でも行えますが、負荷が弱い場合は腕立てとミックスして行うと体重の負荷も加わるので強度がぐんと増します。

チューブで背中を鍛える

背中を鍛える種目でオススメなのは、チューブを使った「ローイング」です。

足でチューブを挟み込み、体を前傾させてチューブを引き上げます。ベントオーバーローイングのようなかんじでおこなえば問題ないです。

自重ではつかまるものがないと懸垂が出来ず背中がきたえにくかったですが、チューブなら背中の種目も簡単に行えます。

チューブで脚を鍛える

トレーニングチューブをつかえば脚トレ定番の「スクワット」も負荷を強めておこなえます。

チューブを足の裏に挟み込み、肩ぐらいの位置でチューブを掴んで固定します。(チューブをかついでいるような格好)

チューブを体の後ろに回すか前に回すかで若干効く位置を変えることが出来ます。

チューブが前で行うとフロントスクワットみたいな感じの負荷をかけることができます。

チューブで肩、腕を鍛える

肩をトレーニングチューブで鍛えるには「レイズ系」の種目が相性バツグンです。サイドレイズ、フロントレイズなどですね。

これも足でチューブを踏んで固定しておこないます。

またこのままの体勢でカール動作をおこなえば「アームカール」になり上腕の二頭筋が鍛えられます。

さらにチューブを後ろに回して腕を上げれば三頭筋を鍛える「フレンチプレス」の動作になります。

ちょっとしたアイデアや変化でいろいろな種目が行えるので、トレーニングがさらに楽しくなりそうですね。

ウエイトトレーニングと混ぜて使うことも可能。

トレーニングチューブをジムなどにあるウエイトと一緒につかうことで、普段と違う刺激を筋肉に与えることもできます。

たとえば「バーベルカール」では動作の中間で一番負荷がかかり、挙げきった位置や下ろしきったときは負荷が弱まりますが、トレーニングチューブをバーベルなどに結び付けて行えば、ゴムの抵抗が加わるためつねに負荷がかかるような状態を作ることが可能になります。

ほかの種目にも試せるものがいっぱいあるので、トレーニングがマンネリ気味の人や筋肉が停滞期の人は試してみるといいかもしれません。

まとめ

ここまでトレーニングチューブのさまざまなメリットなどを紹介してきました。

トレーニングチューブのメリットをまとめると

  • 場所を選ばない
  • 自重よりも負荷をかけることが出来る
  • 負荷を自由に調節できる
  • 小さいので持ち運びもラクラク
  • 通常のトレーニングと混ぜて使える

などがあげられます。

なんといっても手軽にあつかえるというのがいいですね。ジムやウエイトだと場合によってはかなり気合を入れなければいけないことがありますが、トレーニングチューブだと思いついたときにすぐ使えるので直感的なトレーニングを行う事も出来ます。

ひとつ持っておいて損はしないフィットネスグッズだと思います。

 - フィットネスグッズ