筋トレはじめました!

筋トレをこれから始めようと思っている人に効率的なトレーニングができるように正しい知識を伝えていきます。

反動を使うトレーニングは危険がいっぱい

      2016/02/12

筋トレと反動

ジムなどに行くと、重そうな重量を無理やり持ち上げて振り回している人を一度は見たことがありませんか?

反動を使ったトレーニングはじつはとても高度で、失敗すれば危険がいっぱいなのです。

今回はそんな反動を使ったトレーニングの注意点とバリエーションを紹介したいと思います。

筋トレでは反動をなくすのが常識

マッチョな体になるためには出来るだけ思いバーベルを持ち上げられるようになりたいと思ってトレーニングにはげんでいる人は多いことでしょう。

たしかに大きな筋肉を身にまとうためにはある程度重たいウエイトを使った筋トレを行う事は重要です。なぜなら、筋肉は基本的に上げられる重量に比例して大きくなっていくというのが一般的な考え方ですからね。

でも、反動(振りをつけるような動作)を使って重たい重量を無理して扱うとどうしてもトレーニング動作が安定しない、まるで重りに「振り回されている」ようなトレーニングになってしまっている人が多いように感じます。

しかもこれって実はとても危険なトレーニング方法でして、関節や筋肉に無理な負担がかかり痛めてしまう可能性があったり、ヘタをしたら一生トレーニングが出来ないようになる可能性もあるんです。

大きな怪我をして、トレーニングが出来なくなっていては完全に本末転倒、体を大きくするどころか運動すら出来なくなってしまっては大変です。

なのでウエイトトレーニングを行うときは基本的に反動を使わなくて済むような重量を選択してトレーニングのメニューを組むことをお勧めします。

しかし筋肉をどんどん大きくしていくためには扱う重量を重たくしていくことも大事なのは事実ですよね。そのようなときは「チーティング」という反動をつかった上級者向けのトレーニングテクニックを使う場合もあります。

反動を使うチーティングの説明

チーティングというのは基本的に「反動」を上手く使って普通では持ち上げることが出来ない重量を持ち上げられるようにするトレーニングテクニックの一つです。

どのようにやるのかというと、たとえば上腕二頭筋を鍛える「バーベルカール」というトレーニング種目があります。

バーベルを持って上下にカールすることで力こぶを鍛える種目なのですが、ここで普段使えないような重い重量で動作をしようとしても普通では当然出来ないとおもいます。

そこでチーティングを上手く使い、動作中でいちばんウエイトの負荷が乗るところを「反動」を使って補助して通過させてあげます。やり方は人それぞれですが、たとえばカール動作にあわせて体を後ろに軽くのけぞらしたり、軽くジャンプする動作にあわせてカールする方法など様々な方法があります。

チーティングのタイミングがバッチリ合えば、重いウエイトを持ち上げることが出来るようになります。

チーティングによって重いウエイトに体が徐々になれていき、普段の重量では与えることが出来ない刺激を筋肉に与えることができ、扱える重量を増やすのにも有効ですし、筋力アップやバルクアップにとても有効なトレーニング方法だとおもいます。

しかし、トレーニングによってはチーティングが使える種目と使えない種目があります。例えばマシンをつかった種目などは体が固定される場合が多くて、あまりチーティングを上手く取り入れることが出来ないかもしれません。

逆に、アームカールやショルダープレス、サイドレイズなど体のバネを利用しやすい種目はチーティングを使いやすい種目といえるでしょう。

限界まで追い込むときも便利

重い重量に限らず、限界を超えて追い込むときも便利なのがチーティングです。

たとえばトレーニング動作を8回して限界で持ち上がらなくなったとき、チーティングを使えばもう1,2回多く持ち上げることが出来るというような使い方が出来ます。

トレーニングパートナーや補助者がいる人は補助してもらって持ち上げるということが出来ますが、一人だとこのチーティングを使う方法が一般的なのではないでしょうか。

初心者のうちは基本に忠実に反動を使わないようにしよう

チーティングなどの反動を使ったトレーニングはいろいろと便利なことが多いですが、テクニックとしてはわりと難しい部類にはいり、初心者のうちは避けたほうが無難かと思います。

まだ基本的な動作が染み付いていないような状態で反動を使うと、筋肉に刺激が行かなかったりして格好だけのトレーニングになり、上手く反動を利用できていない場合がほとんどです。

なんといっても怪我をするリスクがとても高くなります。コツを掴んでいない状態でチーティングなどをしようもんなら、たちまち筋肉や関節を痛めてしまうでしょう。まさに「重りに振り回されるトレーニング」となってしまうことでしょう。

初めのうちは基本的な動作をしっかり守って、扱うウエイトも適切なものを使用したほうがいいです。むしろ少し軽いぐらいのウエイトを選択し、正しいトレーニング動作を意識できる余裕があるぐらいのほうがレベルアップも早いかと思います。

そうやって正しいトレーニングを積み重ねていって、トレーニングがマンネリを迎えたり、新たなレベルに進める土台が出来上がってからチーティングなどの反動をつかった高度なトレーニングにチャレンジしていきましょう。

 - 理論&思考